カテゴリー : パソコン

Xperia mini

screenshot_2012-02-06_0754.png

アップデートの通知が届いていたので、よく下調べもせずにアップデートたら、簡単にはrootが取れなくなっていた。色々いじりたおしてたので、あわてて調べると、なんかゴニョゴニョやらないとroot取るのは無理っぽい。仕方なく、そのゴニョゴニョにチャレンジ中。
linuxの環境が無かったので、Win7上のVirtialPCにubuntu入れるところからスタート。禁断のブートローダー・アンロック先にやって、ファームのファイル抜いて、システムイメージ展開するとこまできた。
後はsuコマンドやらを仕込んで本体に書き戻すだけだか、ここまでで、下調べまで含めて一晩かかった。書き込みは後日。ついでにフォント入れ替えたりを、いらないアプリはバッサリ削除してから書き戻そう。

android

とうとうandroid入手しました。

メールで投稿を可能にするプラグイン。

携帯メールから、投稿してみた。

DLNA

夏に買ったソニー・ブラビアで,地デジチューナー搭載WinPCにDiXiM Media ServerをインストールしてDLNAでPCの録画データを再生するということは普通にやっていたんですが,過去からsamba経由でパソコンから保存してあるmpeg/jpeg/mp3といったファイルが,LinuxPC上にあります.これをDLNAでブラビアで再生するにはどうしようかと考えて,いろいろ検索して調べてみました.

最初,ハードディスクだけ取り出して,FreeBSDベースのFreeNASに乗り換えて,samba&DLNAサーバにしようかと思ったのですが,FreeNASに含まれているFUPPESというメディアサーバ,ブラビアから認識してくれませんでした.ネット検索しても,結論は無理っぽい感じ.そこで過去ににインストールしてIOデータのメディアプレーヤーで接続していたmediatombを復活させようと思ったのですが,これまたそのままではブラビアから認されないようで,パッチを当ててソースからコンパイルする必要がありそう.さらに調べると,比較的新しいプロジェクトでminiDLNAというのがヒット.これもソースからコンパイルする必要がありそうだけど,ネット上の先人の作業内容を見るとかなりすっきりやれそう.

というわけで,試行錯誤した結果,miniDLNAを試してみることに… 以下,忘れないようにメモとして残しておきます.

OSはdebian 5.06

miniDLNAのソースをdownloadして,いきなりmakeコマンド投入.当然エラーで,必要なライブラリを教えてくれる.

ERROR!  Cannot continue.
The following required libraries are either missing, or are missing development headers:

libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3

そこで,

#aptitude install libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3

ばしばしインストールされるので,再びmakeすると,あっさりコンパイル終了.make install.

設定ファイル/etc/minidlna.conを編集.とりあえず設定するパラメータは「media_dir」「friendly_name」,DLNAで公開するファイルの置き場所と,DLNAサーバの名前.

ソースに含まれるサンプルの起動スクリプトはdebian用に書かれているので,/etc/init.d配下にコピー.

そして,おもむろにスタートして,ブラビアの電源をオン….やや拍子抜けなほど,なんの問題も無く接続できて,古い写真や動画の再生に成功.めでたしめでたし.

LinkStation

久しぶりのパソコンネタ.
ずいぶん前に買ったバッファローの300GBのNAS,しばらくは,debianインストールしてDLNAサーバにしたりとかして使っていたのですが,メインで使っているパソコンには既に1TBのディスクが搭載されていて,我が家もついに地デジ化されたりとか,諸々の事情でで最近あまり出番が無くなり,ずっと電源落ちたままでした.なんか用途は無いかと考えたら,実はこれノーマルの状態でプリントサーバになることを思い出しました.そこで大胆改造しました.

  1. 共有ディスクとしては使わないで単にプリントサーバにしたいので,HDDを外して2GBのCFカードをIDE変換基板に挿して搭載.
  2. FANがうるさいので,FAN削除.一番熱くなるHDDを外したので,たぶん大丈夫!!
  3. FAN削除したので,熱がこもらないようにバカ穴をあけて空冷.

CFカードの固定はめんどくさくなって,ガムテープマウントです(汗)
我が家のプリンタは10年前のEPSON PM-790PTが現役です.これが対応できるか心配だったんですが,接続してみるとすんなり認識され,テキストや写真の印刷を試してみましたが,特に問題ない様子.しばらくこれで運用してみようと思います.

TOP